忍者ブログ
くだらんコトを書き続けます。
10≪ 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  ≫12
Admin | Write | Comment
カテゴリー
アーカイブ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、朝っぱら4時から森山良子先生(以降、ざわわ)がテレビで歌っていた。


ジャズバンドを率いて、ざわわが歌の中で落語のようにストーリーが展開する歌。こういう歌をなんと呼ぶのか、別に知りたくもないし、知る必要もないと思われる。


だが、ざわわの歌への入り込みようはほっとけない。ざわわが、女優並みの演技をメロディに乗せてパフォームする姿はほってはおけない。早朝から気合いの入ったざわわを見て、僕は引いてしまった。シャ~~~~っと、引き潮のように。


そのざわわの様子をエンターテイメントとして、見つめる観客たち。彼らの姿もブラウン管に映るのだが、そのアリーナに陣取っていたのが、あのテリー伊藤センセ。他の観客は、ざわわの勢いに負けて、ボーッとしているのだが、テリーセンセだけが、終始微笑んでいた。まるで、ざわわに惚れたかのように。「ここがヘンだよ日本人」では、絶対に見せなかった微笑みにまた僕は引いてしまった。二度目の引き潮である。もう水分を全部もっていかれそうな勢いだ。


早朝からこんな水分の要る番組を放送しないでよ!とぼやきながら、番組のエンディングを見ていると、さらに水分を取られることが放映された。


ざわわの歌に感極まったテリーセンセが、ざわわの頬にキスしたのである。引き潮がごとくシャ~~~と音を立てて持っていかれる水分。


もうこれで、完全に僕の水分は消滅した。


早朝からテリーセンセとざわわのキスは、水分がなくなる。ひどく喉が渇くのだ。


次に見るときは、絶対にミネラルウォーターを片手に握り締めながら見るしかない。


というか、二度と見たくない。
PR

 朝から自宅でテレビをミュートにしながら、作業しまくり。


 やっぱ、この時期のテレビは年末だけあって、ミュートにしてても面白い。


 「4億円争奪!カジキ釣り大会」みたいなタイトルの番組が、面白いってことは、見る前からわかりきっていた。


 日曜の夕方かテレ東でしか見ない「釣り」。


 今年のツリーな時期はもう終わったが、カジキの方の「釣り」な時期は終わらない。


 だって、松方のアニキがビキニパンツで船に乗り込み続けるんですもの!!

 

 松方のアニキの無意識レベルの意識では、

 「カジキ釣るとき=ビキニパンツ」

 とゆう方程式がどうどうと成り立っている。

 


 それゆえ、ゴールデンでの、しかも2時間半にもわたるビキニパンツな松方のアニキの姿は、ボクのとんちんかんハートに突き刺さった。

 

 ビキニパンツな松方のアニキ。

 アニキの顔は、真剣である。

 でも、ビキニパンツである。

 アニキは、カジキのロマンを語る。

 でも、ビキニパンツなのである。

 

 絶対的に、とんちんかんである。


 アニキッ!死んでも、カジキを追い続けてください!!!

 ニュース番組に欠かせないもの。それはニュースペーパー。

 ニュースペーパー読みが堪らなく上手なのが、テレビ朝日!!

 ワイドスクランブルの佐々木正洋アナの夕刊キャッチUP!はまさにアートである。指示棒をニョキッと伸ばし、ボードの新聞に顔を近づけ、文面を読む一連の行動は、陸上競技のホップステップジャンプ状態である。

 そして、やじうまプラスの吉澤一彦氏の新聞読み&コメンテーターへのフリは、逸品である。「この話題は、このコメンテーターにフる!」っつうポイントをきっちり押さえていらっしゃる!!

 とにかく、一度この二人の新聞芸を見ていただきたい!!!
 テレビ朝日、"深夜の通"番組「ベストヒットUSA」のMCがパックンマックンになっているではないか!

 小林克也先生ではないじゃないか!!

 パックンマックンの仲の悪さが浮き彫りになるMCっぷりに、ドキドキしながらも釘付けになってしまうではないか!!

 いつまで、続くかパックンマックン!!!

 克也先生カムバックの日は、そう遠くないはずである。。。
 
テレビ東京。この言葉を聞いて何をイメージするだろうか。秘湯・田舎・まぐろ・漁船・・・。すべてロケもの2時間番組である。しかし、その時代は幕を下ろしているのだ!時代は24時のちょいエロドラマに変わり、そして夕方のチープドラマの幕開けとなったのだ!!

毎週月曜午後5時30分からの30分ドラマ「女子アナ一直線!」。一体誰をターゲットにしているのかわからない時刻からの放送といい、いまさら女子アナかよとゆうチョイズレセンスといい、たまらなくイイではないか!

本日の初回の放送を拝見させていただいたのだが、ロケ場所のチープさは見事なものだった。主人公も適度な可愛いさを発揮しているし、唯一出てくるイケメンの演技も古臭く、他では見れない30分ドラマだった。

一体誰をターゲットにしているのかは初回だけでは不明だったが、おそらくこれから訪れる夏と合わせて、出演者のちょい露出は頻繁になると思われる。ちょい露出こそ、童貞が喜ぶアイテムである。おそらくターゲットは童貞。さらに、放送時間から考えて、帰宅部中高生童貞だろう。

帰宅部中高生童貞向けドラマ。前代未聞のドラマである。さすがテレビ東京である。これからもテレビ東京から目が離せない。
「朝一番は札幌に向かってズームインッ!」とプーさん似のトメさんがカメラに向かってキメる午前7時。そんな朝が懐かしいです。めざましテレビが午前5時55分から始まると聞いて驚いた小学生時代。朝の情報番組は7時からだろ!?とゆう先入観は、トメさんが作り上げたものでした。トメさんのあのポージング・カメラワーク・カメラ目線・・・。あれこそが朝のシンボルだったのです。

現在は、「ズームインSUPER!」と番組も様変わりし、羽鳥アナと西尾アナと時々荻原次晴(双子なので見分けがつきにくいのですが、たぶん次晴君)のトリオ・THE・清潔が司会をなさっておられます。透明感アリアリの番組にかつてのシンボルは見当たりません。しかし、ボクはwithoutシンボルな「ズームイン」に物足りなさは感じません。シンボルが無くなったことで、ニュースがスラッスラ頭に飛び込んでくるのです。シンボルがあると、人はどうしてもそれを見てしまいがち。シンボルがなくなると、本質が見えてくるわけです。ズームインでゆう本質とは、ニュースとか情報のこと。それらがスラッスラ頭に飛び込んでくるのです。

一方、最強の男みのもんたこと御法川法男(62)は、「朝ズバッ!」を土俵にかなりの具合でシンボライズされております。JNNニュースのときだって、8時またぎのときだって、スイッチャーは御法川法男の辛辣フェイスを逃しません。小窓にしっかり法男の怒りフェイスが窺えます。悲惨なニュースやお国の不祥事ニュースも、法男のフェイスさえあればなんとかなる!とゆうシンボライズの仕方です。

シンボルを無くした「ズームインSUPER!」と、シンボルだらけの「朝ズバッ!」。あなたはどちらをご覧になりますか?朝一番のニュースが気になる方は「ズームイン」を、朝一番の法男が木になる方は「朝ズバッ!」をオススメいたします。
| HOME |
Copyright ©  -- 辻本キイチの寝起きなのにリーゼント --  All Rights Reserved
Designed by CriCri
忍者ブログ  /  [PR]