忍者ブログ
くだらんコトを書き続けます。
10≪ 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  ≫12
Admin | Write | Comment
カテゴリー
アーカイブ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 三浦雄一郎氏、エベレスト登山成功。


 早速どうでもイイコトなんだが、「エベレスト」を「エレベスト」と、偉ぇ~チョッキ、的な意味合いになる言い間違えた経験がある貴兄は多いのではなかろうか?


 ね?本当にどうでもイイコトだったでしょ?



 話を三浦氏に戻します。



 まぁこのニュースを見て、「いやぁ~、そりゃ非常に元気な後期高齢者ッスね!若人なオレも負けちゃいられないッス!!」(体育会系風で)と思うほど、私は登山体質なバディではないのです。


 最近はじめたブレイクダンスの練習(週一)で、体は悲鳴を挙げているんですから。



 ところで、こんな問答を聞いたことあるんじゃないだろうか。


「人はなぜ山に登るのか?」

「そこに山があるから」


 この問答、問答になっておらん。


 問答の関所があったなら、絶対通過できない。


 「ちょっと待てぃ!!」と強面の役人侍に注意されるよ。


 では、どんな問答なら、問答関所の役人侍は、通過許可証を発行するのか。


 「人はなぜ山に登るのか?」

 「いやぁ~、働かなくても、金がどんどん貯まるっつぅ通帳が山頂にペロッと落ちてるって、その筋の人から聞いてもんでね」


 通過許可!!である。金のチカラは、登山の厳しさを打ち消すに充分!だから通過許可!!である。


 では、これはどうだろうか。


 「人はなぜ、山に登るのか?」

 「実は…。三年前から片想いしてる女の子の自宅がありまして…。その子に鍋パーティを誘われたもんでして…。……山に登りたいの」


 通過許可!!である。山頂に居を構える女に恋をした男の性が、登山の厳しさを消し去ったのだ。だから通過許可証発行!!!



 この二例からもわかるのは、登山の厳しさの延長線上には、個々人しか理解できない楽しみ・幸せ・希望とゆうものがあるってこと。それらがなければ、厳しさは増すばかりで、消え去りはしない。




 話を変えよう。次は、私の幼少期の辻本父子の話だ。


 私は、小さい頃、父に連れられ、地元・大阪の二上山に毎年冬、登らされた。


 虚弱な私は、父からの登山の誘いに、毎年億劫になっていた。断りたいのは、(登山だけに)山々なのだが、父は登山フル装備状態で私を誘うのだ。


「キイチ!今日は、二上山登りに行くか!?」(登山フル装備状態)


「キイチ!今日は、毎年恒例の辻本家二上山登りの日だ!!行くか!!??」(登山フル装備状態)


「キイチ!今日は、待ちに待ったお前も楽しみの二上山だ!!登るゾ!!!!」(登山フル装備状態)



 年々、「息子・キイチも楽しみの皆様ご存知!辻本父子の二上山登山デー」色が強くなる父の誘い。断れるはずが無いじゃないか!!


 私は、完全に顔面全体をこれでもかというほど引きつらせながら、「待ってました!二上山!!」とその誘いを受けるしかなかったのだ。


 無理矢理な登山=BESTゲンナリ行為、である。


 私は、登山中終始「あと何分で頂上に着くの?」を連呼しておった。


 長体育会系の父は、「もう少しだ!!」を一合目から連呼しておった。


 なんだよ!修造か、あんたは!?



 二合目あたりから、完全にヘロヘロな私は、例の質問を父に問うた。


 「なぜ人は山に登るの?」


 父は答えた。


 「山頂のカップヌードルが死ぬほど美味いからだ!!」



 即答だった。間髪入れぬ回答。




 問答関所の役人侍なら「死ぬほど美味なヌードルが山頂にあるのなら、登山の厳しさを忘れるのも当然じゃ!!通過許可じゃ!!!」と少し取り乱しながら言うだろうね。って感じのスパッとした潔い回答。



 父は、その言葉通り、山頂でヌードルを死ぬほど美味そうにすすっていた、毎年。


 その横で、オレもすすったよ、毎年。


 でも、オレにはゆ~ほど美味ではなかった。まぁ確かにまずくはないが、死ぬほど美味でもないのだ、そのヌードルは。




 しかし!!!である。死ぬほどに美味そうにすする(以後、死する)父の横顔を見ると、なんだか幸せになったのも、事実なんだな。



 あぁ、たぶんこの人は、ひとりで死するより、息子のオレとふたりで死するほうが、死するレベルがより濃厚なんだろうなぁ~。


 あぁ、だから、毎年オレを誘うのだろうなぁ~。


 と、押さないながらに感じたものだ。




 山頂でカップヌードルを死するコト。コレが父の好きなコト。


 山頂でカップヌードルを息子と一緒に死するコト。コレは、父の大好きなコト。



 好きなコトっつうのは、ひとりでもできるコトなんじゃなかろうか。


 でも、大好きなコトっつうのは、仲間、たとえば息子・友達・同僚と共にやるコトなんじゃなかろうか。


 仲間がいるからこそ、やめられない、とまらない。まるでカッパえびせん状態になるのでしょうよ。


 息子のオレがいたからこそ、父は毎年冬山に登山し、カップヌードルを死するコトができたのでしょう。




 要するに、今回言いたかったコトは、大好きなコトをずっとやり続けるっつぅのは、ひとりではできないでチュ!仲間がじぇったいに必要でチュ!!とゆうことなのですよ、皆様。


 なんだか、「仲間」なんつう恥ずかし単語を連発してしまったので、赤ちゃん言葉でごまかしてみました。



 いやぁ~、おそらく三浦雄一郎氏には、後期高齢者と呼ばれるお年になっても、仲間がおられるのでしょうな。あたくしも、そんな仲間を作らなければなりましぇん。
PR
 川田亜子アナ、自殺。彼女には、自ら死を選ぶこと以外に何も救いは無かったのか。それは私にはわからないが、とにかく彼女は命を絶った。


 人間とゆう生き物は、放っておくとすぐに悲劇に見舞われる。そうゆう生き物なんだ。


 たとえば、鼻毛。放っておくと秒単位で伸び続ける。それでも放っておくと、鼻毛は鼻の穴から飛び出す。こんにちは、鼻毛さん、今日からよろしく状態である。


 その状態が、たとえば、恋人へのプロポーズの瞬間に訪れたらどうだろう。


 「キョウコ、明日の朝から毎日オレに味噌汁を作ってくれないか?」(よろしく鼻毛状態で)

 果たして、キョウコは「はい!明日からタケシにあさげを作ってあげる!」と即答できるであろうか。

 頭では、タケシと結婚したいよ、私も!!と思っていても、「いや!!今すぐ、タケシのはなげを気ってあげる!」と”あさげ”を”はなげ”と言い間違えてしまうはずだ。


 そんなことを言われたタケシの心情は、察するに余りある。男として、人生のターニングポイントになりうるプロポーズの瞬間に、よろしく鼻毛状態。本当の悲劇である。



 このように悲劇は突然やって来て、タケシの生活をかき乱す。

 しかし、悲劇が訪れた時こそ、本当の幸せを獲得できるチャンスなのだ。



 仮に、タケシがキョウコの言葉を受け、「えっ?何??ハ・ナ・ゲ??何、何?出てるの?鼻毛?」としどろもどろになり、「今の話は無かったことにして!キョウコ!!」と何も無かったことにしたとしよう。

 鼻毛は出ているは、プロポーズの答えも聞けないは、と、弱り目に祟り目もいいところである。

 タケシは、以後一週間から十日間は、鼻毛の悪夢で眠れないだろう。本当の悲劇である。



 では、仮に、タケシがこう答えたらどうだろう。

 「あさげなんか作ってくれなくてイイ!毎朝、オレの鼻毛を切ってくれ!!」


 今、鼻毛が出ていようがそんなことは関係ない!おまえと結婚したいんだ!!とゆう信念と、鼻毛とゆうネガティヴアイテムもプロポーズ(ポジティヴの最高レベルシチュエーション)の言葉に変える機転の良さにキョウコは震え上がり、翌朝からタケシの鼻毛を切ってあげよう!!と決意するに違いない。


 これこそ、本当の幸せである。



 鼻毛は必ず伸びる。これは真理である。鼻毛は伸び続けると、鼻の穴から飛び出す。これも真理である。そして、それは悲劇でもあり、突然やって来る。



 しかし、それを悲劇のままで終わらせるか、本当の幸せにするか、は、あなた次第なのである。


 あなたに信念と機転の良さがあれば、悲劇は本当の幸せに様変わりするのである。




 今、悲劇に見舞われ、死を選ぼうとしている人よ。


 自分の信念と機転の良さに救いを求めてみてはどうだろうか。


 私は川田アナのような人をもう二度と出したくないのです。




 最後に、川田アナにご冥福をお祈りいたします。
| HOME |
Copyright ©  -- 辻本キイチの寝起きなのにリーゼント --  All Rights Reserved
Designed by CriCri
忍者ブログ  /  [PR]