忍者ブログ
くだらんコトを書き続けます。
10≪ 10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  ≫12
Admin | Write | Comment
カテゴリー
アーカイブ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 久々に、石坂金田一の昭和シリーズ最終作「病院坂の縊りの家」を鑑賞。


 その血縁一族のストーリーが複雑すぎて、途中から理解不能になりかけるのは言わずもがななのだが、ナンといっても草刈正雄がイイ。




 実は、ボクは半年ほど前から草刈正雄が気になってしょうがなかった。



 ドラマ「冗談じゃない!」「ケータイ刑事」シリーズ(TBS)や、エコバラエティ「エコラボ~もったいない博士の異常な愛情~」(フジ)。そして、最近では「地球街道」(テレビ東京)で旅人としてギリシャにまで行く始末である。



 草刈正雄!なんでもこなしすぎである!!!



 なんなのだろうか?あのニヒル面と、鼻にかかった声!!!そして、コミック演技!!!!
 宿便のように、ボクの脳裏にこべりつき離れない草刈正雄!!!



 仮に「草刈正雄」に敬称をつけるとすると、「ちゃん」である。
 草刈正雄ちゃん。である。



 コミカルニヒルな男前には、「ちゃん」付けで、そのすべてを包み込んであげないといけない。



 そういったわけで(どういったわけかわからんが)、草刈正雄ちゃんが出ている「病院坂の首縊りの家」を鑑賞したわけである。


 約30年前の草刈正雄ちゃんは、現在と変らない宿便演技をされていた。

 そして、ハーフ独特の甘い面。しかし、そこには今も持ち合わせるニヒル面もコミカル面も存在していた。


 同作には、ピーターこと池畑慎之介先生も出演なさっているのだが、先生は肌もトゥルットゥルの「美しい男前」といった印象。


 それに対して、草刈正雄ちゃんは無精髭を生やし、どこの馬の骨ともわからない「怪しい男前」。





 草刈正雄ちゃんのその怪しさは、やがてエロスになるのである。

 彼の怪しさに、コミカルが加わり、ニヒルも調合され、鼻声までもが混合されたとき、「草刈エロス正雄」が誕生するのである。



 仮に「草刈エロス正雄」に敬称をつけるとするならば、「ご一行様」だ。

 彼のエロスにまとわりつく面々が目に浮かぶからだ。



 草刈エロス正雄ご一行様。



 とんでもないご一行様だ。
PR
Comment
              
Name
Title
Adress
URL
Comment
Color
Simbol Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret 管理人のみ閲覧できます
Password   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
Trackback
この記事にトラックバックする:
<< BACK  | HOME |   NEXT >>
Copyright ©  -- 辻本キイチの寝起きなのにリーゼント --  All Rights Reserved
Designed by CriCri
忍者ブログ  /  [PR]